社団法人 日本テレワーク協会

新着情報

  1. ホーム
  2. 新着情報
  3. 【報道発表】松江市テレワーク施設が「共同利用型オフィスセキュリティ認証プログラム」の認証を取得

2021.07.21

【報道発表】松江市テレワーク施設が「共同利用型オフィスセキュリティ認証プログラム」の認証を取得

 一般社団法人日本テレワーク協会および一般社団法人セキュア IoT プラットフォーム協議会は、松江市内3か所のテレワーク施設に対して、「共同利用型オフィスセキュリティ認証プログラム」に基づく審査を実施し、この度適合していることを認証しました。認証されたテレワーク施設は、多様な働き方の創出に向けて松江市が推進するプログラムの参加施設であり、自治体関連として第一号となるものです。

 

 松江市では、20205月に市内外の民間企業、島根大学、および島根県とともに、松江市でのテレワークを通じ、『都市部と地方』『地方と地方』の新たな人の流れを創出する松江滞在型テレワークプログラムの開発と受入れを推進する「ワーキング ヘルスケア プログラムMATSUEコンソーシアム 」を設立しました。働きながら松江市の自然環境を活用したアクティビティや研修を実施し、自身の心と体の健康状態を把握・改善する方式の開発と各種データの可視化も行っています。「セキュリティ」をコンソーシアムの強みとすべく、活動拠点となる3か所の宿泊施設に付設する共同利用型オフィスにおいては、高度なセキュリティが実装された安心安全な仕事環境を利用者に提供するために、「認証プログラム」の取得を目指して整備を進め、今回の認証取得に至りました。

 

報道発表はこちら