社団法人 日本テレワーク協会

秩父皆野町ワーケーション合宿

  1. ホーム
  2. 協会の活動
  3. エトセトラ
  4. 秩父皆野町ワーケーション合宿

秩父皆野町へワーケーション合宿に行ってきました!

9月某日、日本テレワーク協会で初(?)と思われる合宿のため、秩父にに行ってきました。


いざ、秩父へ出発

「合宿はやっぱりワーケーションがいーよねー」、ということで、メンバーは秩父に向けて出発。
西武池袋から特急ラビューに乗って西武秩父へ。ラビューは最近リニューアルして新車でした。シートも良く、窓が大きくて開放的な列車です。
ラビューに乗って、お弁当食べて、1時間20分で西武秩父に到着。

西武秩父駅からは、今回お世話になる、みなのsubakoさんの車に乗せてもらって皆野町役場へGO。

 

特急ラビュー タテもヨコも広ーい車窓
イエローで統一された社内 西武百貨店でゲットしたお弁当


皆野町役場にてご挨拶

皆野町役場にて、副町長の黒澤さんにご挨拶。皆野町は今年も、国のデジタル田園都市国家構想推進交付金を受けた事業を2つ実施しているとの事。その一つは、秩父で有名な秩父銘仙(ちちぶめいせん)に着想した、「桑」のアップサイクル事業。使われなくなった「桑の葉」や「桑の実」から抽出される成分で、化粧水やお茶など生成して、ロスを出さない商品開発(アップサイクリング)に挑戦中。特産品開発を行うことで地域の知名度や付加価値向上をめざしているとの事。とても先進的ですね。

 


黒澤副町長と記念写真

 

働Co-living みなのsubako

みなのsubako https://www.eraberushigotoba.com/facilities/minano-subako/

皆野町役場から車で5分で、今回の合宿所となる「みなのsubako」に到着。緑濃い川のほとりにあるコワーキング施設です。
お部屋も、仕事ができるように配慮されていて、一人部屋も広いです。
また、ここには「subako」タイプのお部屋(個室ドミトリ?)もあって個性的なのです!

 

2日めは日帰り参加メンバと合流して、JTA初の合宿ディスカッション。
普段とは明らかに違う環境で気持ちも上がり、普段よりクリアになった頭で、振り返りや未来を見ることができたと思います。

 

ワーケーション合宿は、テレワークで普段会えないメンバの仕事や考えがわかりあい、協力して、打ち解けて、一体感が出て、チームビルディングに寄与できると実感しました。秩父ワーケーション、また来たいです。(^^♪

 

一番左が社長の出浦さん、一番右がここのワーケーションコンシェルジュの守屋さん
緑濃い中のコワーキング

一人部屋はデスクとソファとベッドルームでとにかく広い!

一人部屋の玄関のライトアップもしゃれてます

これがsubako。個室のようなドミトリー

subakoの内部。ここでも仕事できます。
ディスカッションも弾みます

 

 

番外編1 満願の湯

みなのsubakoのおとなりは、「満願の湯」という温泉施設。滝の見える露天風呂に入ってリフレッシュできます。お値段もリーズナブル。

 


あったかい温泉は良いです~♪

 

番外編2 レストランアンジェリーナ

2日目のランチは、車で皆野町役場すぐのレストランアンジェリーナで。ランチはサラダ、メイン、デザート、ドリンクまでついて1400円とお値打ち。私は桃のスープを追加。一つ一つ美味しくて、おなか一杯になり幸せでした。(^^♪

 


前菜のサラダはたっぷり

お魚のフライもボリュームたっぷり

デザートはコーヒーアイス、アイスティーも