日本テレワーク協会は、テレワークを通じ、調和のとれた日本社会の持続的な発展に寄与して参ります。

部会活動のご案内

部会活動について

  一般社団法人日本テレワーク協会では、テレワーク導入による社会環境変化への対応、テレワーク活用による生産性向上等の研究を通じて、会員間の相互交流、参加者の研鑽やビジネスチャンスの発掘等にも活用いただける 「部会」を設置しております。
  2017年度につきましては、次の4部会を設置いたします。 なお、部会へは、日本テレワーク協会会員以外の方々も参加いただけます。部会活動がより一層活発なものになるよう、多くの方々の参加をお待ちしております。どうぞよろしくお願いいたします。

2017年度 設置部会

サードワークプレース研究部会(旧:テレワーク最新事例研究部会) テレワークを推進するにあたっては、オフィス・自宅以外のサードワークプレースの活用が今後重要となる。そこで本研究部会ではサードワークプレースを活用するために、働く場所についての理解を深め、レポートや必要となるツールの試作を行う。「企業の生産性を上げ、同時に個人のQOLを向上させる」ワークスタイルを追求し続けることを目標とする
ライフコース多様化とテレワーク部会 テレワークは、多様なライフコースにおける多様なライフイベントと仕事との両立に有効である。育児・介護等による離職を防止し、休業・短時間勤務からフルタイム勤務への復帰をサポートして、企業とワーカーとのWin-Winの関係実現に貢献することができる。
今期は、変化著しいワークスタイルの様々な事例について更なる調査・検討を行うと共に、労働制度、ダイバーシティとテレワーク(男女にわたって育児・介護のみならず心身にハンディキャップを持った方々なども視野に入れたテレワークの広がり)の現状などについて研究を進め、テレワーク推進の課題や対策の更なる深掘りを行う。また、「テレワーク川柳」についても引き続き取り組む。
第4次産業革命(インダストリー4.0)とテレワーク研究部会 今期は、AIの分野の研究者等との交流、並びにマーケティング、働き方改革研究者を交え、雇用面での影響、とりわけ、どのような新たな雇用が創出されるかを分析し、テレワークの課題や対策を研究していく。
テレワーク最新技術動向研究部会 テレワークを支えているICT技術について、技術動向や具体的な事例について調査研究する。特に、商品化されたツールの形で、テレワークの先駆的企業で実際に使われている事例を取り上げて評価することで、これからテレワークを導入する企業にとっての参考となるように取り組む。

2017年度部会概要はこちらを参照してください。


部会参加要綱
  会員 非会員
参加部会数 正会員:すべての部会への参加できます。
賛助会員:一部の賛助会員は参加部会数に制限があります。
参加希望の部会を任意で選択いただきます。
参加者数 正会員:1部会3名まで参加できます。
賛助会員:1部会2~3名参加ができます。※同一人が複数の部会に参加もできます。
参加費用 無料 参加部会ごとに20,000円
(申込受付後、請求書発行)
部会参加 参加申込をもって登録、参加可 参加費入金を持って登録
参加申込

部会参加申込フォームより申込願います。
なお、非会員の方は登録申込時の住所・所属あてに請求書をお送りいたします。入金確認次第、登録完了をメールにてお知らせいたします。

 

担当・問合せ

一般社団法人日本テレワーク協会 富樫
参加申込みフォーム
TEL:03-5577-4572 E-mail:bukai@japan-telework.or.jp

部会活動のご案内

 

 

このページのトップへ戻る