日本テレワーク協会は、テレワークを通じ、調和のとれた日本社会の持続的な発展に寄与して参ります。

お知らせ

  • トップページ
  • お知らせ
  • 日経BPサイト「ワクスタ」に「ライフコース多様化とテレワーク部会」でのインタビュー取材記事が掲載されました。

日経BPサイト「ワクスタ」に「ライフコース多様化とテレワーク部会」でのインタビュー取材記事が掲載されました。

2015/07/16

テレワーク最前線
「さぼってる? 部下が気になり 仕事せず」
普及を阻む“粘土層”は、社内だけでなく近所や家庭にも

ワーク・ライフ・バランスを実現するための多様な働き方の一つとして注目されているテレワーク。先日行われた一般社団法人テレワーク協会の研究成果発表会では、テレワーク普及の大きな課題として、会社や社会に存在する「粘土層」の意識改革が挙げられた。昭和世代の管理職に代表される、古い価値観に凝り固まった「粘土層」の意識を変えるにはどうすればいいのか。発表した日本テレワーク協会のライフコース多様化とテレワーク部会の北村有紀部会長とアドバイザーの佐藤百合子・産業能率大学教授に聞いた。(聞き手=ワクスタ編集部)

http://www.nikkeibp.co.jp/atcl/tk/WKSS/061700008/071400009/

 

お知らせ

 

 

このページのトップへ戻る